ポジショニングの限界

Webマーケティングと
ホームページ制作が得意な会社ウィンクス

マーケティング戦略

ポジショニングの限界

中谷 佳正

WEBマーケティング職人
中谷 佳正
大阪officeより、、、

ポジショニング戦略とか、
ブルーオーシャン戦略とか、
ニッチ戦略とか、
聞きますよね?

どれもいわゆるポジショニングを明確化することで、
専門性を打ち出して顧客を獲得する戦略です。。。

もちろん、
あなたのビジネスのステージによっては有効です。

とても、有効です。
これは間違いありません。

ですから、僕もこのポジショニングを明確化することをオススメします。

ただ、、、
ポジショニングには限界があります。

どういうことかというと、
ポジションは、、、
奪われるものだからです。

そうなんですよ。
ポジションって奪われるんです。
野球とかサッカーとかF1とか見てたら言いませんか?

ポジション争いって。。。

ニッチを選んだから安心ってわけじゃないんですよ?
隙間である以上、小さな市場です。

よほど参入障壁が高いような市場でない限りは、
常にポジションは奪われる危険性があります。

大手は小さすぎて来ないから安心?

いやいや、小さい企業が新規ビジネスとして参入してくることは全然考えられますよ。
もちろん今の競合がマネをすることだって全然あり得ますよね?

ブルーオーシャンだってそうです。
戦いが「なかった」だけです。

だから、血が流れていないのでブルーなだけです。

良いですか?
そんなブルーオーシャンは、言い換えれば金脈です。。。

金が見つかった!
となればどうなりますか?

ゴールドラッシュが起きるのは、おわかりですよね?

つまり、人が群がってきます。
そして、すぐにレッドオーシャンになるのです。

だから、ポジショニングを決めたから安心だなんて思ってはいけません。
そこから先も常に戦いは待っているのです。

あなたが望まなくても、競合は襲ってきますからね。

P.S.
ポジショニングを決めたその先はどうしたら良いの?
それは◯◯◯するんですよ。。。

知りたいならどうぞ↓

■WINKSオフィシャルページ
http://www.winks.jp/

WEBマーケティング会社・リスティング運営、ホームページ制作・ホームページ集客などホームページのお悩みならWINKS(大阪・東京)

この記事の書いた人

中谷 佳正

中谷佳正

WINKSの使命

僕たちの力を
試してみてください、、、。

WINKSに相談する

新型コロナウイルス対策として、
お打合せが必要な場合はオンライン会議(Zoom等)や電話を積極的に利用しております。

ダントツにマーケティングの上手い企業を目指す
マーケティングマニアのあなたから
ご相談いただけることを楽しみにしています。

このページのトップへ戻る