フランチャイズの生存率

Webマーケティングと
ホームページ制作が得意な会社ウィンクス

ソースコードイメージ

中谷 佳正
インターコンチネンタルホテルより

フランチャイズの生存率

1週間東京でホテル暮らし中。
さすがに長いので家族に3日間だけ付き合ってもらってました(笑)
半年間のセミナー準備が終わったのですが、明日からまた2日間で16時間のセミナー
思考回路が鈍くなっているのが分かります・・・

僕たちビジネスの生存率は極めて低いということは
恐らくあなたも知っていると思いますが、フランチャイズの店舗の生存率は
実は、普通のビジネスの4・5倍あると言われています。

これ何故だか分かりますか?
明日からのセミナーのメインテーマですが、、、
答えを聞くと、当たり前だなと思うのですが、
『システムが存在する』からです。

利益を出すためのシステムを本部が組んでいるので、
潰れにくいのですね。

メリットはマニュアルや商品開発、イメージ広告は本部がやってくれ店舗ではリクルートと
販売に集中できるというのがフランチャイズの良いところですね。
まあ、潰れにくいだけであって、利益が沢山取れるわけではないと思うのですが、、、

これって、別に普通の会社でもできることですよね?
自社の強い部分だけ残して、あとはシステムを組みアウトソーシングする。
これで潰れにくく、利益の取れる会社の出来上がりです。

もちろん言うのは簡単ですが、やるのは結構面倒ですが、
フランチャイズ本部にお金を払うよりはマシですね。
だから、会社をシステム化するのに数年間ロイヤリティーを払うつもりで
人を使ってシステム化する。そして、そのシステムができれば改善しながら
大きな利益を出していく。

実は、中身が分かっちゃうとフランチャイズに加盟しなくても
自分たちで出来ちゃいますね。
なぜ?フランチャイズが潰れにくいのか?これがビジネスのヒントになるはずです

僕の会社ももっとシステム化していきたい部分はいっぱいあります。。。
やれることがいっぱいありますね。

この記事の書いた人

中谷 佳正

中谷佳正

WINKSの使命

僕たちの力を
試してみてください、、、。

WINKSに相談する

新型コロナウイルス対策として、
お打合せが必要な場合はオンライン会議(Zoom等)や電話を積極的に利用しております。

ダントツにマーケティングの上手い企業を目指す
マーケティングマニアのあなたから
ご相談いただけることを楽しみにしています。

このページのトップへ戻る