TEL

あなたは20代で将来の自分に対して間違いない投資と思える仕事をしてるか?あなたは20代で将来の自分に対して間違いない投資と思える仕事をしてるか?

もし、そんな仕事をしてみたいと思うんであれば読み進めてほしい。

ぼくの名前は中谷佳正。有限会社WINKSという会社の代表をしてる。今、僕の会社で20代前半の人材の募集をしているんやけど。普通の採用じゃなくて、自分の将来を真剣に考えている人のための人材募集。将来、会社に依存せず自分の人生をコントロールしたいと思っている、自分自身の人生を充実したいと思っている人のための募集です。

あなたはそんなタイプの人だろうか?

そんなのは当たり前だと思ったかな?それであれば驚きだけど、ほとんどの20代はそんなことは考えない、とりあえず入った会社でそれなりにこなして、家に帰ってNetflix みて、休みの日にデートして1年後のことも考えないでいるのが大半の20代じゃないかな。本当にそんなタイプならこの続きを読み進める価値のある人だと思う…

なぜ?この仕事があなたの将来の最高の投資になるのか?その理由は?

大学でのサークル活動や単位の取得、インターンの活動や飲み会やバイト、資格取得や車の免許を取っているうちに、あっという間に就職活動。限られた時間の中で、あなたの人生を決める一大イベントが始まってしまいます。もう一つの最大のイベントは誰と結婚するか?だと思うけど、その時間や猶予は就職活動とは違いかなりの時間と労力はかけれるはず…何が言いたいかというと、残念なお知らせだけどほとんどの人は最初の就職先を間違えると言う事。

限られた時間の中で激しい就職活動を勝ち抜き、手にした内定者の3人に1人が3年以内に辞めるという事実。それ自体が悪い事だとは思わないけど、もしかしたら今のあなたは『こんなはずではなかった…』と思っているかもしれない。

自分がやっている仕事、同期や先輩を見ていると本当にここでいいのか?と。
自分は間違った選択をしたんじゃないか?

そう思っているかも知れないが、現実の社会では高い確率でその可能性は誰にでもある。なぜなら、就職活動をしている年齢のあなたは社会のことを何も知らないからだ。世の中には何万もの仕事があり、その仕事に必要なスキルや才能、自分に合っている合ってないなんて全くわからないだろう。

それはあなただけじゃなく、あなたの世代のほとんど全ての人がその状態なので分からないからと言って悲観しなくていい。大半の人は社会で通用するかも分からず、自分に何ができるかも分からず、不安の中で生きているはずです。
大切なことはここから何をどう選択していくかが大切。

さっき、3年以内に3人に1人が辞めると話しましたが、残った2人も本当に豊かで幸せな未来が見えているかは不明です。間違ったと思い、すぐに方向転換する人もいれば、せっかく入った就職先だからと、親も喜んでたし、先輩はいい人だし、給料もそここそいいから何とかしがみついて頑張っていこうと…ずっと嫌いな仕事、合わない仕事を続けるのかも知れない。

少ない社会経験で、自分に合った会社を探す、自分のやりたい仕事をするなんて『さかなクン』くらい強烈な指針があれば別だけど、ほとんどの人はできないんじゃないかな?

だから?どうしたらいいん?

ってことだと思うのですが、気持ちはわかりますが答えはありません。
あなたの人生なんだからあなたが切り開き、手に入れていくしか方法はない。
とはいえ、それじゃ何の答えにもならないから僕の個人的な考えを伝えたい。

間違ってもいい選択肢を選ぶことが大切。

どう言うこと?と思ったかも知れないが、人生はたくさん間違う前提で進んだ方がいいと言うことです。テストの点もよく優秀だった『自分は間違えない人間だ』と思っていると落とし穴にはまると言うこと。

周りからは収入もよく、看板も大きい会社に入ったことを羨ましがられ、そこに入れば人生はある程度安泰だと。親も喜び親戚からもお小遣いをもらった、友人らと祝賀パーティーをやった、数年経ってみてわかったこと…。

毎日、会社に出社することさえ嫌で嫌で仕方ないと言うこと。
納得できない仕事、会社での理不尽な付き合いや人間関係、自分の将来を見たければ10年先輩の姿を見ればいい。仕事もできないのに偉そうにして、家に帰れば奥さんに頭が上がらない生活、そのストレスを自分にぶつけてきているくせに、自分の上司にはヘコヘコしてる…これが自分の10年後か…。

再就職を考えてるけど、実際は今の条件よりグレードダウンした会社しかない。でもこのまま、あと5年もこの会社にいたらもっと悪い状況になるんじゃないか?
結婚したらもう動けないかも知れない。なんて考えているかも知れない。

でも大丈夫!!三井住友銀行の吉高 由里子バリに伝えたい!
自分は間違えると言う前提で動けば、今、何をすればいいかが見えてくる。

自分の将来のために20代でやるべきこと
間違う前提で会社に依存しない自立した考えとスキルを身につける

20代で自分の基準を高め、そして成果を出せる実力と自信を手に入れるってことです。
色々なビジネスパーソンを見てきて個人的に感じていることを言うと。20代でサボったやつは30代・40代でも活躍できないってこと。会ったらすぐに分かるくらい基準が違う。20代は何にも分からないんだからとにかくガムシャラに働くことをお勧めする。

僕がオススメする会社の選び方は、報酬がいいとか会社の看板がデカいとかそんなことはどうでもよくて、20代では丁稚奉公するくらいで『社会に通用し続けられる力がつく場所』であるかどうかで決めた方がいい。
5年・10年後に自分の選択肢を増やせるスキルや経験を手に入れた方がいいに決まっている。

この仕事があなたの将来に繋がる3つの理由

自立できる

会社に依存しないで、成果の出せるスキルや知識、考え方を手に入れる。
うちの会社は全てがクライアントと直のお取引、そのマーケティング戦略から戦術までをサポートしているんですが、学ぶ幅がとても広い。ネットを使った集客モデルのサポートだからこれからの時代に、その知識なかったらヤバいでしょってことですよね。
マーケティング企画構築・セールスライティング・広告企画運用・ビジネスモデル広告運用・商品開発・組織研修やコンサルティング。仕事の幅は広い。
これを個人のスキルや知識の向上なしには、売上を上げることは難しいので、強制的に成長してもらう訳です。だから、本やコンテンツや、直接指導でどんどん学んでもらうわけです。結果的に、独立しようと思えばできるレベルまで成長していきます。

うちは基本的に好奇心と胆力のある人にしか務まらないと思う。なぜなら、クライアントのほとんどが中小企業で、業種もジャンルもバラバラなことが多い。毎日が勉強なのですが、僕もクライアントの業界が知らないところであれば、必ずその業界の売れている本を3冊は読むようにしているくらい。それに、正直なところチャレンジして失敗することもある、これをクライアントの予算を使ってやる訳だから、やはり精神力がとても育っていく訳です。

ここには学ぶ環境と実践する環境がちゃんと揃っています。
今いる30代のスタッフは『独立してもやっていけるんですけど、お金稼げるだけやったらもおもろくないんで中谷さんと仕事してるんです』なんて生意気なことを言っている。そんな彼がこの人

木下雅也

木下 雅也
(大阪市立大学卒)

マーケティングディレクターの木下です。
今年がちょうど入社10年目なので、いわゆる10年先の先輩になるのかなと思います。

今は現場のトップとしてWINKSの事業全体を把握しつつ、営業、ディレクション、戦略、リサーチ、ライティング、クオリティチェックなどプレイヤーとしてもクライアントを抱えながら幅広く仕事に従事しています。

ここには一言二言しか書けないですが、10年間必死に働いてみて僕自身が感じているWINKSの魅力を一言伝えるなら、

これからの人生、どこで誰とどんな仕事をしても生き抜ける「起業家」としてのスキルやマインドセットが身に付きます。

  • ・色んな経営者の右腕として社運をかけたWEB事業を一任される責任感やリーダーシップ
  • ・正解のないマーケティングという仕事ならではの難しさややりがい
  • ・媒体やルールやセオリーが1年と経たずに変わるWEB広告への対応力やリサーチ力
  • ・商品や人の魅力を文章やデザインに落とし込む楽しさとクリエイティブ力
  • ・一人の力では実現できない問題を仲間やチームと達成する充実感やコミュニケーション力
  • ・癖の強い経営者や組織の理不尽さへの耐性やマネジメント力
  • ・世間に知られていない企業の裏側のビジネスモデルや儲かる仕組み

…などなど。他にもたくさんありますが、普通の仕事では経験できないことの連続です。簡単な仕事は10年間で1つもなかったです。

その代わり、経営者がいくつもの会社を経営して何十年とかけて身に付けるスキルやマインドがサラリーマンという働き方で5年10年で身に付くので、20代のうちにこういう成長ができる環境は少ないんじゃないかなと。

結果、将来独立するしないはともかく、

  1. 家族や子供との時間を大切にして安定した規則正しいサラリーマン生活を選ぶもよし
  2. 週1~2日好きな場所で働いて年収2,000万円ほど稼いでお金と時間の自由を満喫するもよし
  3. 使命感を持って社会に貢献できる新事業を起こして社会に形を残すもよし

30代になる頃にはどんな生き方でも選べる自立した人間にはなれると思います。

事業の全てがよく見える

大きな組織のパーツではなく、小さな会社の小さなチームで、クライアントの事業をサポートするので、お金の流れや組織の動き、ビジネスの組み立て方などなど、全てが見える環境があります。
自分お仕事がそのまま数字に表れるから、それが難しさでもあり面白さでもある訳です。
そこで培われるのが分析力。頭を使って考察して実行し改善点を考える。
自分の仕事がクライアントの数字に直結する。ここをこう変えればこうなるんじゃないか?因果・比較・相関関係を頭に入れ、考える力が養っていきます。
無機質な仕事ではなく、自分が稼いでいると言う感覚を持って、10年後の自分がワクワクするような環境を手に入れてみるのもいいんじゃないかと。これが本当に大切。
全体がわかるようになれば、今自分がやっている仕事の重要性や役割も見えてくるから工夫もできるし、アイデアも浮かんでくる。

小園久美絵

小園 久美絵

WINKSでは自分の業務の領域を超えて、新しいスキルや学びをしていく自分の成長に対して価値を感じています。

自分が担当する領域以上のことを把握しておかなければいけない大変さがありますが大企業に勤めていた頃には部分的な仕事しか任せてもらえなかったで…

ここではクライアントの成果に対してボトルネックになっている部分を発見し、改善していくという事をするので案件によってディレクターのような動きをしたり、記事LPのライティングにあたったりと…実際の業務内容は様々。

自分自身のスキルアップに繋げられる経験を求めている人に向いている会社だと思います。

会社のこれからを作る
コアメンバーに

小さい会社だから、大きな会社にあるものはほとんどない。全てがない前提で作っていく必要があります。テンプレがないと、ルールがないと。仕事できないよって言う人には来てほしくない。この混沌とした時代に過去のルールや、手法なんて何も役に立たない。あるのは今、目の前にあるものを組み合わせて、どう成果に繋げていくかという柔軟性とアイデアが必要になる。それを日々生み出す力は、どんな環境に行っても必要になるあなた自身の力になる。

実力が上がれば、年に1万円の昇給なんてショボい感じではない。実際に、数字を残せば、ダイレクトに自分の年収に跳ね返ってくる形になります。
共感力がどんどん成長する。大きな組織よりコミュニケーションは難しい。誰かを敵にしてそいつを責めることはできない。全体のバランスを見て発言していく力が身に付く訳です。スタッフ全員に共感しリスペクトしながら仕事をしていく力が身に付きます。

小さい会社だから、自分のやる仕事の領域も広くなるのは当たり前。それが楽しいと思える人であれば最高です。休みの日が待ちどうしい。サザエさんを見ると憂鬱になるなんて言っているのはマジで寂しいと思わないですか?数年働いているメンバーは、経営者感覚で仕事をしている。これがいい。僕は何もそんな仕事のやり方をしてほしいとは言っていないけど、自然とそうなっている訳です。そんなコアメンバーになりたいと思ってくれるなら大歓迎です。

どんな仕事をまずするの?

最初にあなたにやってもらいたいことは、先輩のマーケティング担当のアシスタント業務になります。広告企画、クリエイティブのサポートや設定のお手伝い。セミナー運用のヘルプやクライアントに対する提案資料の整理。リサーチでの情報収集やライティングのサポート、資料回収などをしてもらう間にマーケティングの基礎知識を学んでもらいます。

それが出来るようになれば、実際にセールスメールを書いたり、ブログを書いてもらったり動画を作ったり、広告文を書いたりしてもらう。実際はお客さまやマーケットの状況、商品の特徴などを調べてメッセージを書かないと全然、クライアントに響かないものになる。こんな事をやっているとあっという間に1年が過ぎる。

ある程度、力がついてきたら実際にクライアントを持ってもらうことになる。もちろん先輩と一緒に最初はすることになりますが、一人でやれるようになればめちゃくちゃ面白くなってくるし、後輩の面倒も見てもらうことになる。

どんな会社なん?

この会社は何を目指して、どんな事業をしているのか?

WINKS?は?聞いたことないし、有限会社って何よ?って思ったかもしれないけど、うちの会社は『未来をつくる商品』をWEBマーケティングで売るサポートをしている会社なの。

人材派遣業界の常識を変えて、より優れた人材を市場に提供する会社だったり、準富裕層の生活をより豊かにする通販会社だったり、ファッションを通じて社会の繋がりを作るアパレル通販会社だったり、日本人の健康寿命を伸ばすために海外の予防医学の健康コンテンツを販売している会社、社会をより良くしていこうと頑張ってる会社の商品を、インターネット広告を使って、売上を上げていくお手伝いをしている訳。

インターネットの広告を使ったマーケティングがウチの強み。ってことになりますね。
ただ普通の代理店と違って、戦略コンサルティング、広告企画運用、集客ページ作成、リサーチ、セールスライティングを1社でやってるってこと。もちろん外部のパートナーとも色々とお仕事をすることもかなり多い。

なんで『未来をつくる商品』を好んで売るサポートをしているかというと。それは世の中には、どうでもいいような商品が溢れていてそれを広告宣伝やプロモーションがうまいだけの会社が市場のシェアをとっている訳。もちろん本当に良い商品もあるんだろうけど、まあ、少ない。

その訳の分からない、本当に良い商品かどうか分からないものを、自分の子供に提供できるのか?って考えたら僕の場合はNO!ですね。人の子供には提供できるけど自分の子供には無理って…人としてどうかしている。

だから、僕は自分の生活で使うもの全てをクライアントの商品で生活できるようにしたいと思っているし、実際に今、個人で使っているお金のほとんどはクライアントの所で使っているものが多い。

だからクライアントでもありお客さんでもあると言う状態。これって本当に幸せなだなと。売ることに対しても一生懸命になれるし、仕事をしているだけで世の中が少しだけ良くなるお手伝いができている事にとても豊かな気持ちになる。

世の中は良い商品が売れる訳ではない。本当にお客様のためになる商品はどこかに眠っていることもある。

そこに僕らの存在意義がある。

優れた商品を見つけ、それをマーケティングすれば沢山の人に届けることができる。
多くの人が、より良いもので生活できるようになれば、色々な病気から抜け出せたり、生活が快適になったり、困っている人を助けることができ、社会に良い影響を与えることができると、僕はそう信じている。『子供たちの豊かな未来を創る』それが僕らの仕事なんだ。

さあ、とりあえず一回会ってみない?

自分で言うのも何だけど、もちろん仕事だからきつい時もあるけど、好奇心旺盛でチャレンジ精神があるんだった面白い会社だと思うよ。自分の報酬や環境をどんどん変化させていくのも自分次第。大きな企業のように安定や世間体はない。もちろんボーナスだって業績が悪ければない…そんな事は創業して19年間1度もないけど。

さっきも話したみたいに、看板や世間体なんて頼りにしてたら将来の自分はかなりヤバい事になる。大きい会社の1つのパーツとなり出世の順番待ちをするのか?それとも自分の力で自分の未来を切り開くのかはあなたが決めればいい。

僕はあなたのことを信じて応募を待っています。

会って一回話をしよや。

応募方法は簡単。この下にある赤いボタンをクリックしてくれればフォームが出てくる。そこに名前や連絡先などを記入する。こっちからの質問もあるから10分ほど時間をもらえると嬉しい。事前にあなたのことを知るための質問になっていて、それが終われば一度会って話をしよう。話してみてうちに合いそうであれば、次のステップに進もうと思う。

さあ、とりあえず僕に会いにきて。
一回話をしよや。
お前が怪しいし誰かわからんやろ!って話ならプロフィールを載せとくから見といて。
まあ、社会的にみたら確実にあなたの方が怪しいと思うけど(笑)←冗談

中谷佳正

中谷 佳正- Nakatani Yoshimasa

  • 有限会社WINKS 代表取締役
  • 株式会社メディア・クリエイティブジャパン 代表取締役
  • 中谷塾 塾長
  • 株式会社エヴァー・グリーン エグゼクティブアドバイザー

1977年生まれ。大阪府河内長野市出身。
ITベンチャー企業を経て、Web制作系IT企業の立ち上げに参画し従業員20数名になるまで営業を1人で担当。28歳で現在のWINKSを立ち上げる。
創業からこれまで約19年間で小さな優良企業様から一部上場企業まで970件以上のweb制作・コンサルティングの経験と実績を持つ。
他にも、日本No.1のダイレクトマーケティング会社であるダイレクト出版のビジネスパートナーとしてwebマーケティングに関するブログを執筆、Yahoo! やGoogle、マイクロソフトにコンサルティングを依頼されるリッチ・シェフレンの日本公式ナビゲーターを務めている。

条件

25歳以下
月給:25万円~

(※試用期間3ヶ月から半年間は月給22万円~)

  • ■ 勤務地:大阪市北区天神橋2丁目
  • ■ 勤務時間:10時~19時
  • ■ 昇給:一定期間の仕事ぶりを見て
  • ・交通費支給
  • ・Macbook支給
  • ・書籍・オンライン教材豊富

※電話で応募するときは採用募集ページを見たと伝えてください。

クリックして応募する
(Googleフォームに移動します)

FAQ

今の仕事をなかなか辞める決断ができない?
それならそのまま働き続けたらいい、別に無理にとは言わないし。ただ自分の未来に繋がってない、パーツのような仕事ばっかりしてたら自立はできないことを知っておいた方がいいよ。自分の将来を作ることとと、今、仕事を辞めれない理由を並べてみてどっちが価値が高いか考えてみたらいい。

なんか新しい仕事って自信ないなー?
それはみんなそうでしょ。20代前半だったら何もできなくて当然。少し社会人経験あるからってそんなに期待してないから大丈夫。たくさん失敗しにきてください。

このページのトップへ戻る